東信州次世代イノベーションセンター

東信州次世代イノベーションセンター

event 産学連携・研究開発事業

7月14日開催「IT・AI・DX分野」講演会のご案内

2022.06.23 掲載

Zoomを使ったオンライン講演会となります。

お申込みいただいた方に当日の招待URLをお送りします。

 

■日 時 2022年(令和4年) 7月14日(木) 13:30~16:40

■会 場 Zoomによるオンライン開催

■主 催 東信州次世代産業振興協議会・一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター

■後 援 八十二銀行・上田信用金庫・商工中金長野支店・長野県信用組合・長野銀行 (連携協定金融機関5行)

 

 

■プログラム

〇講演1  13:30~14:30

【演題】「昨今のサイバー攻撃と組織に求められるセキュリティ対策」

【講師】株式会社電算 開発管理部 部長 内山 巧 氏

【概要】日常生活や業務においてデジタルの活用が進むとともに、サイバー攻撃による情報漏えいやデータ破壊などの被害が発生した場合の影響も、大きくなってきている。特に近年では、ランサムウェア等を用いたサイバー攻撃により、業務が長期的に停止する事件も発生しており、その影響は拡大の一途をたどっている。昨今のサイバー攻撃の事例をもとに、効果的にセキュリティを確保するために何が必要か、対策と対応の2つの視点から、組織に求められるセキュリティ対策を再考する。

 

 

〇講演2  14:30~15:30

【演題】「長野県工業技術総合センターAIキットとAI・IoT支援事例のご紹介」

【講師】長野県工業技術総合センター 環境・情報技術部門 情報システム部 主任研究員 坂本 潤嗣 氏

【概要】長野県工業技術総合センターでは、AI技術の普及、技術者の育成を目的としたセンターAIキットを開発し、県内企業に利用していただいている。センターAIキットは、小型AIボードコンピュータ上でカメラに写った人物をリアルタイムに認識し、検知時間と検知人数をカウント、保存、集計する機能を搭載している。標準で約90種類の物体検知に対応し、学習データを追加することで未知の物体検知も可能である。その活用事例およびAI・IoT関連の支援事例を紹介する。

 

<休憩10分>

 

 

〇講演3  15:40~16:40

【演題】「ブロックチェーンの未来とサトシの何が凄かったのか」

【講師】信州大学 大学院総合理工学研究科 准教授 岡崎 裕之 氏

エプソンアヴァシス株式会社 セキュリティスペシャリスト 三重野 武彦 氏

【概要】 近年、仮想通貨をはじめとするブロックチェーン応用技術が注目を集めている。信州大学工学部とエプソンアヴァシス株式会社ではIoTやブロックチェーン応用技術等を利用したセキュアプロトコル開発・設計に関する共同研究を行っている。本講演の前半では、エプソンアヴァシスの三重野が産業界からの視点でブロックチェーン応用技術の歴史、未来について紹介する。本講演の後半では、信州大学の岡崎が学術的な視点で、ブロックチェーン応用技術、特にビットコインの本質について紹介を行う。

 

 

 

■申 込 申込フォームよりお申込みください。

 

 

またはAREC・Fiiプラザ事務局宛  電話 0268-21-4377

メール mousikomi@arecplaza.jp またはファックス 0268-21-4382でお申込みください。

 

詳細はこちらをご覧ください↓

220714_第246回リレー講演会(IT・AI・DX)案内

 

一覧へ戻る