東信州次世代イノベーションセンター

東信州次世代イノベーションセンター

report

【レポート】採用戦略会議(インターンシップ編)~ウィズコロナ・アフターコロナ時代の地元企業採用担当者による情報交換会~ 7/11開催 

2022.07.14 掲載

■日 時 2022年(令和4年)7月11日(月)13:30~16:00

■会 場 会場開催(AREC4階会議室:上田市常田3-15-1 信州大学繊維学部内)オンライン参加(Zoom)も可

■テーマ

・インターンシップについて

・1日の場合の開催内容、オンライン開催する場合の手法など

 

 


 

 

新型コロナウイルスによりオンライン面接が主流になるなど、企業も学生も採用・就職について変革しつつあります。地元企業の採用担当者同士が情報交換・意見交換することにより、共通の悩みを解決したり、効果的な取組を参考にしたりするなどして、今後の採用活動に活かすための会として企画いたしました。

 

 

今回のテーマは【インターンシップ】です。

 

昨年11月オンライン開催で第1回が開催されました。今回は会場・オンラインでのハイブリッド開催とし、会場へは10名様以上の方にお越しいただきました。

限りある時間の中で円滑に進める為、事前に各社のインターンシップの様子、質問をお寄せいただき、それを基に会議を進めていきました。

 

最初にご参加いただいた企業様に各社インターンシップの様子をお話いただきながら自己紹介をしていただきました。続きまして、ご参加いただいている6大学様の紹介、上田市地域雇用推進課、上田安定協会様に自己紹介をしていただきました。

 

休憩をはさみ、後半は各社様のインターンシップに対する質問を、また質問に対して参加企業のみなさまからご

回答をいただきました。

Q 各社からの質問

・インターンシップの実施内容(リアル開催の場合)

・オンラインインターンシップの実施内容

・インターンシップの参加学生に対し書類選考などを行っていますか?

・インターンシップ参加者を採用応募へ誘導するための手法は?

・インターンシップ開催に係る予算及び人員配置数は?

・インターンシップの学生への周知方法や利用している媒体は?

・インターンシップで特に工夫している点は?

・インターンシップで他社との差別化を図るにはどうしたら良いか?

・インターンシップで学生受けが良かった実施内容等は何ですか?

など数多くの質問が寄せられました。悩みを共有し、他社の対応を知ることでご参加いただいたみなさまにとって有意義な時間となったことと思います。

 

 

今回の『採用戦略会議(インターンシップ編)~ウィズコロナ・アフターコロナ時代の地元企業採用担当者による情報交換会~』は32人様(会場14人、オンライン18人)にご参加いただきました。

参加後、みなさまからは

・弊社だけでなく他社様も採用に関する同様の悩みを抱えていることを実感しました。
・採用担当者として業務への向き合い方に刺激を受けたことと改めて身が引き締まりました。
・今後も年内に1~2回程度で良いので同様のイベントに参加したいです。

・今回参加させて頂き、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。
・他社様のインターンシップのご状況を教えていただけて大変参考になりました。

・他社さんも自社と同じような学生への向き合い方等苦労していること分かり安心しました。

 

など多くのご感想をいただきました。ありがとうございました。

お寄せいただきましたご意見・ご要望を活かし、今後もよりよいイベントを開催していけるよう努力して参りたいと思います。

 

 

 

 


 

信州民報に、採用戦略会議(インターンシップ編)に関わる記事が掲載されました。(2022年7月15日(金) 2面掲載)

220715信州民報掲載 東信州採用戦略会議

 

東信ジャーナルに、採用戦略会議(インターンシップ編)に関わる記事が掲載されました。(2022年7月21日(木) 2面掲載)

220721東信ジャーナル掲載 東信州採用戦略会議

 

一覧へ戻る