東信州次世代イノベーションセンター

東信州次世代イノベーションセンター

topics 産学連携・研究開発事業

先進企業見学・研修会のご案内

■開催日 : 2018年(平成30年)5月24日(木)

■見学先 :・世界遺産「富岡製糸場」

・株式会社SUBARU 群馬製作所 矢島工場/スバルビジターセンター

■集合・出発 : 7:30 信州大学繊維学部正門前    (AREC帰着予定 18:00頃)

■定 員 : 40名(参加を希望される方が多数の場合は1社1名とさせて頂く場合もあります)

■参加費 : 無料

■持 物 : 名刺・筆記用具

■行 程 : 全行程貸切バス

■当日連絡先:080-8836-3120 当日はこちらの番号にご連絡下さい。

 

スケジュール

(7:30)信州大学繊維学部発=<上信越自動車道>= 横川SA(休憩)= (9:30)富岡製糸場着=(9:30~10:30)富岡製紙場見学=<上信越自動車道>= 昼食(11:15~12:00)藤岡PAハイウェイオアシスにて自由行動=<北関東自動車道>=(13:00)SUBARU着=(13:00~15:00)SUBARU見学=(15:00)SUBARU発=<北関東・上信越自動車道>= 横川SA(休憩) =信州大学繊維学部(18:00頃)

 

■世界遺産「富岡製糸場」

富岡製糸場は、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸の工場である。1872年(明治5年)の開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などにも大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡に、初期の建造物群が国宝および重要文化財に指定されている。また、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として、2014年6月21日の第38回世界遺産委員会(ドーハ)で正式登録された。時期によって「富岡製糸場」(1872年から)、「富岡製糸所」(1876年から)、「原富岡製糸所」(1902年から)、「株式会社富岡製糸所」(1938年から)、「片倉富岡製糸所」(1939年から)、「片倉工業株式会社富岡工場」(1946年から)とたびたび名称を変更している。史跡、国宝、重要文化財としての名称は「旧富岡製糸場」、世界遺産暫定リスト記載物件構成資産としての名称は「富岡製糸場」である。(Wikipediaより引用)

 

■株式会社SUBARU

スバルビジターセンターは2003年7月15日にオープンし、工場見学のお客様にSUBARUの歴代の車、SUBARUの個性的な技術や安全への取り組みなどを紹介している施設です。工場見学の際は専任の案内係が丁寧にご案内させていただきます。

<見学内容>

1.スバルビジターセンター

(工場説明ビデオ鑑賞)

2.工場見学(プレス工程・溶接工程・最終組立工程)

3.ビジターセンター館内見学

※都合により見学内容を変更する場合があります。

<見学の際のご注意>

・構内の写真撮影はご遠慮ください。

(スバルビジターセンター内は可)

・構内での飲食、喫煙はご遠慮ください。

・見学通路は階段が多くあります。歩きやすい靴でお越しください。

・工場内は2階部分の見学通路よりご覧いただけます。

 

■主催:(一財)浅間リサーチエクステンションセンター

・東信州次世代産業振興協議会

 

  • お申込先 AREC・Fiiプラザ事務局 宛電話 0268-21-4377

メール mousikomi@arecplaza.jp またはファックス 0268-21-4382

でお申し込みください。

 

詳細・申込書はこちらをご覧ください↓

0524_ 第41回 先進企業見学会案内

一覧へ戻る