東信州次世代イノベーションセンター

東信州次世代イノベーションセンター

topics 産学連携・研究開発事業

「IT(情報技術)(AI IoT含む)分野」講演会のご案内

■日 時:令和元年10月23日(水) 14:00~17:00  ※終了後(17:00~)名刺交換交流会開催

■会 場:信州大学繊維学部内AREC(上田市産学官連携施設4階)

■参加費:無料

■主 催:東信州次世代産業振興協議会・一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター

■後 援:八十二銀行、上田信用金庫、商工中金長野支店、長野県信用組合、長野銀行

 

 

 

 

■講演1  14:00~15:00

【演題】「工業技術総合センターにおける製造業のIoT支援事例について」

【講師】長野県工業技術総合センター 環境・情報技術部門 情報システム部 研究員 西田 崇 氏

【概要】長野県工業技術総合センターでは、平成30年度から生産現場IoT技術研究会を立ち上げ、製造業のIoTに関する技術支援を行っています。本研究会では、当センターで独自に開発したセンターIoTキットを希望する会員企業に貸与し、生産設備の稼働状況の見える化を実際に体験していただき、その有効性を実感いただいています。また、企業独自のIoT化への課題(電流監視による省エネ化、振動による設備状態監視 等)については、共同研究を通じて開発等の支援を行っています。本講演では、当センターで実施したIoT支援事例をご紹介するとともに、センターで取り組んでいるAI及びIoT関連の取り組みをご説明します。また、会場内にセンターIoTキットを展示し、参加者の皆様に実際に触れていただく予定です。

 

講演2  15:00~16:00

【演題】「導入失敗のクラウドサービスとクラウド時代の人材育成」

【講師】 株式会社地元カンパニー 代表取締役 児玉 光史 氏

【概要】当社は、旧武石村で「訪問営業なし」「在庫なし」「倉庫なし」で年商1億円の食品流通会社です。非エンジニアスタッフをクラウド人材(=クラウドサービスを活用できる人材)に育成することでクラウドサービスによる生産性向上をすすめています。今回は、当社で試みている生産性向上施策と人材育成施策を紹介するとともに、その裏側で導入を失敗したいくつものクラウドサービスがありますのでその原因なども紹介もいたします。

 

(休憩)

 

講演3  16:00~17:00

【演題】「中小企業が行うデジタルマーケティング」

【講師】株式会社唐沢農機サービス 代表取締役 唐澤 健之 氏

【概要】ビッグデータ、IoT、AIといった例に留まらず、情報技術産業によって進行するデジタルシフトのスピードには凄まじいものがあります。このデジタル化という猛威の中、中小企業が行うマーケティング手法もデジタルへと着実にシフトチェンジしています。農機具屋がITを武器にしたからこそ、私たちは独自性ある事業ドメインを拡大できました。デジタル化の潮流を捉え、いち早く自社の武器に転換したからこそ、価値あるサービスを提供できていると自負しています。
そんな、明日から実践できる、中小企業ならではのデジタルマーケティングの実例をご紹介します。

 

 

・お申込先 AREC・Fiiプラザ事務局宛  電話 0268-21-4377

メール mousikomi@arecplaza.jp またはファックス 0268-21-4382でお申込みください。

テキストの準備等のため、なるべく事前申込みをお願い致します。

 

詳細・申込書はこちらをご覧ください。↓

191023_第217回リレー講演会案内

一覧へ戻る