東信州次世代イノベーションセンター

東信州次世代イノベーションセンター

topics 産学連携・研究開発事業

第9回 産学交流ラウンジのご案内

2020.11.19 掲載

生物模倣型ソフトロボットとデジタル・ファブリケーションで切り拓く新しい製造・設計・制御方法

日常生活や自然環境での使用にも耐えうる機械を作るためには,生物のように柔軟素材で機械を作る必要がある。しかし,既存の製造・設計・制御方法は硬いロボットを作るために最適化されてきた。よって,生物に適う柔軟なロボットを作るには,その製造・設計・制御方策をゼロから再構築する必要がある。我々のラボでは3D造形や導電パターンやセンサ・アクチュエータを印刷するプリンテッド・エレクトロニクス技術を使い,次世代のものづくりの試行錯誤を行っている。本講義では研究事例を紹介し,次世代のものづくりに関して議論したい。

 

 

■日 時:令和2年(2020年)12月10日(木)15:00~16:30

■会 場:zoomによるオンライン開催  ※お申込みいただいた方に後日Zoom招待URLをお送りします。

■対 象:ソフトロボットに興味のある皆様。研究紹介と意見交換

■参加費:無料

■講 師:信州大学繊維学部 機械・ロボット学科 准教授 梅舘 拓也 先生

■主 催:一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター、東信州次世代産業振興協議会

■後 援:信州大学繊維学部、八十二銀行、上田信用金庫、商工中金長野支店、長野県信用組合、長野銀行

 

■申 込:下記申込フォームよりお申込み下さい。

https://forms.gle/9gKwZBZXArGXTfGUA

 

 

またはAREC・Fiiプラザ事務局宛  電話 0268-21-4377

メール mousikomi@arecplaza.jp またはファックス 0268-21-4382でお申込みください。

 

詳細はこちらをご覧ください↓

201210_第9回産学交流ラウンジ案内

 

一覧へ戻る