東信州次世代イノベーションセンター

東信州次世代イノベーションセンター

report

【レポート】東信州採用キャラバン隊事業 ~ 信州大学工学部 編 ~ 7/28開催

2022.08.05 掲載

■日 時 2022年(令和4年) 7月28日(木)13:00~14:30

■会 場 信州大学工学部就職支援室

■参 加 企業9社 / 信大側出席者6名

・金子名誉教授(物質化学担当)

・伊東特任教授(電子情報システム工学(情報)担当)

・半田特任教授(電子情報システム工学(電気電子)担当)

・清水特任教授(水環境・土木工学担当)

・望月コーディネーター(機械システム工学担当)

・赤塩様(就職支援室)

■内 容 会社の紹介(3分程度)、情報交換・意見交換、名刺交換

 

 


 

 

就職担当教員に自社をPRしたり、学生の就職活動の様子などを直に聞くことができたり、また、工学部とのネットワーク構築も期待できる目的としまして、地元企業の採用担当者と信州大学工学部の就職担当教員との情報交換・意見交換する会を企画いたしました。

 

 

今回の訪問先は【信州大学工学部】です。

長野市に位置する信州大学工学部へは今回、9社の企業様と共に訪問いたしました。

 

【当社は、理系学生を積極的に採用したい意向ですが、人員獲得に苦戦しています。】

【知名度のない中小企業が、大学の就職担当の先生とコンタクトをとるのは、とても敷居が高く感じてしまいます。最近は特にコロナ禍で大学を訪問するのもあまり歓迎されていないような感じを受けます。それなので、今回の企画は渡りに船という感じで飛びつかせていただきました。】

 

参加の動機は様々ですが、企業様にとっては「学生に企業を知ってもらう」ことが目的ではあるのはもちろん、

「就職担当の先生にも知っていただきたい!」、「大学の先生方との接点を持ちたい!」という気持ちは共通

するところです。

1時間半という限られた時間ではありましたがその中で、各社の紹介、情報交換・意見交換、名刺交換を行い

非常に有意義な時間となりました。

実際に顔を合わせ対面での意見交換ができたことが何よりもよい機会となりました。

 

 

 

今回ご参加いただきました企業様からの声です。

 

◎1度に複数の教授の方にお会いすることがないので、大変貴重なお時間でした。また、他社様のお話も伺うことができ、勉強になりました。実際に教授の方から学生の就職活動について伺えたことが非常に良かったです。

 

◎今後の採用に活かさせていただきます。ぜひ今後もこのような機会を頂けますと幸いです。

 

◎驚いたことは学生の多様化についてでした。就活の入り口がSNS等での情報であったり、インターンシップから繋がり内々定が12月に出ていたり・・・と驚くことばかりでした。大手志向という言葉も何度も出てきましたし、やりがいだけではなく、将来勤め続けられるイメージをいかに学生に持ってもらえるのかが課題なのだと痛感いたしました。

 

◎今の学生のリアルな声だと感じますし、優秀な学生の採用を考えるならこちらの受入れ体制から考えて行かなければならないと思いますし、長野県に定着して頂けるよう、企業として真剣に考えて参りたいと思います。

 

◎日頃あまり聞くことのない他社の状況や、先生方から学生の活動状況をお聞きすることができ、大変有意義な時間でした。最後の質疑応答の時間が少し駆け足だったように感じたので、先生方のスケジュールもあって難しいとは存じますが、もう少し長く時間を取っていただけると嬉しいです。今後もこのような機会を設けていただけますと非常に助かりますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

◎工学部様の就職活動状況や、近隣企業様とも意見交換ができまして、勉強になりました。参加できてよかったです。信州大学の別学部様とも、同様な会があればぜひ参加させていただきたく思います。

 

◎時間はどうしても限りがあるので、仕方が無いと思います。もっと聞きたいこともありましたが、どの企業もおおよそ同じことが知りたいことも分かりましたし、先生方からも貴重な話を聞くことができました。

 

◎信大工学部の多数の先生方と一同にお会いできる機会はとても困難なので上田市及び前沢さんの取り組みは参加企業の方々にとっては喜ばれたと思います。

 

◎工業関係では信大繊維学部、諏訪東京理科大学も同様の企画があれば良いと思います。

 

 

 

今回ご協力いただきました信州大学工学部様、ご参加いただきました企業様、誠にありがとうございました。

 

一覧へ戻る