東信州次世代イノベーションセンター

東信州次世代イノベーションセンター

topics 産学連携・研究開発事業

「IoT・AI分野」講演会のご案内

■日 時:平成30年7月19日(木)14:00~17:00

■会 場:信州大学繊維学部内AREC(上田市産学官連携支援施設4階)

 

講演1

【演題】「人工知能による今後30年の破壊的変化」

【講師】富士通株式会社 オファリング推進本部AI&IoTオファリング統括部オファリング企画部

部長 及川 洋光 氏

【概要】人類はこれまでに様々な革命を経験してきた。しかし、これから人類最大のパラダイムシフトが始まろうとしている。人工知能で2020年、2030年、2040年と、どのように人類が進化していくのかを紹介。また、2018年の時点での人工知能や最先端テクノロジーで、どんなことが出来るのかを具体的なデモで紹介する。

 

講演2

【演題】「日本最大のAIインテグレーターを目指して」

【講師】富士ソフト株式会社 執行役員 イノベーション統括部

統括部長 八木 聡之 氏

【概要】富士ソフトがコミュニケーションロボットの開発に合わせてAI研究を始めて約10年。システムインテグレータとして基礎研究中心の活動からAIコンサルティングを交えて企業にAI技術を導入していくまでの過程や苦労話をご説明します。

また富士ソフト以外の企業との取り組みとして、日本ディープラーニング協会(JDLA)における産業促進活動のご説明や、AIベンチャーとの協業に向けた活動に関するご説明、さらには社内で実施しているAI人材の教育についてもご説明させて頂くことで、ARECにご参加頂いている企業の方々にとって、今後のAI活用のヒントにして頂ければ幸いです。

 

講演3

【演題】「AIなんて、こわくない」

【講師】信州大学工学部 電子情報システム工学科

教授 香山 瑞恵 氏

【概要】狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会の変化を経験した人は、社会のコンピュータシステムの進化に対応して、様々な課題や労務を機械とコンピュータへ託してきました。この仕組みは、今後、AIと共に大きく変わっていきます。今こそ、AIの本質を理解し、これからの社会変化に柔軟に対応する準備をする時です。ご一緒にAIのことを学びましょう。

まず、AIでできること・できないことを、その歴史的変化から概観しつつ、身の回りのAIの裏側をご紹介していきます。そこには、IoTが深く関わっています。その上で、近年提案されたキラーテクニック:ディープラーニングの特徴を整理して、今後の技術変化の方向性を探ってみたいと思います。

 

■主 催:(一財)浅間リサーチエクステンションセンター

東信州次世代産業振興協議会

 

  • お申込先 AREC・Fiiプラザ事務局 宛電話 0268-21-4377

メール mousikomi@arecplaza.jp またはファックス 0268-21-4382

でお申し込みください。

テキストの準備等のため、なるべく事前申し込みをお願いします。

 

詳細・申込書はこちらをご覧ください↓

0719_第203回リレー講演会案内

 

 

一覧へ戻る