東信州次世代イノベーションセンター

東信州次世代イノベーションセンター

topics 産学連携・研究開発事業

第5回 産学交流ラウンジのご案内

硬いロボットから柔らかいロボットへ
大学の若い先生との交流会です。

新しい研究シーズをいち早く吸収し未来につなげましょう。

講義及び研究室見学、軽い飲食を伴う交流会により先生・参加者との懇親を深めましょう。

 

 

 

 

 

【前回の交流ラウンジの様子↑】

 

 

■日 時:2019年6月4日(火) 15:00~18:00

■会 場:AREC[上田市産学官連携支援施設]4階

■対 象:柔らかいロボットにご興味、ご関心のある皆様

■定 員:15名限定(講義、研究室見学、交流会まで通してご参加下さい)

■参加費:無料

■講 師:信州大学繊維学部 助教 岩本 憲泰 先生

■主 催:一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター、東信州次世代産業振興協議会

■後 援:信州大学繊維学部、八十二銀行、上田信用金庫、商工中金長野支店、長野県信用組合、長野銀行

 

この10年間で大きく発展したロボットの分野として、ゴム材料や形状記憶合金アクチュエータのような弾性部材で構成されるソフトロボティクスが挙げられます。産業用ロボットアームのような硬いロボットと異なり、ソフトロボットは自身が柔らかさを有しているため人間や環境とのインタラクションを得意としています。ハードウェア、制御の両面でまだまだ発展が見込まれ、将来どのような製品になるかはアイデア次第!と非常に未知数な分野です。(※インタラクション:相互作用、相互の影響、交流)講義では、本研究室で研究を行っているソフトロボット用のアクチュエータとして、釣り糸をツイストすることで製作できるナイロン繊維アクチュエータ、何にでも変形可能な曲面ロボットのための円錐台型アクチュエータについて紹介します。見学ではこれらの実物に触れていただく機会を設けております。また、ソフトロボットではございませんが、手術支援ロボットのデモも企画しております。

 

・お申込み先 AREC・Fiiプラザ事務局あて 電話0268-21-4377

メールmousikomi@arecplaza.jp または FAX0268-21-4382 でお申込みください。

 

詳細は下記よりご覧ください。↓

190604_第5回産学交流ラウンジ案内

 

 

 

 

一覧へ戻る